再生治療

再生治療とは

再生治療とは、失われた組織や器官を再生させる治療という意味ですが、歯科の分野では歯槽骨や顎骨、その周囲の「軟組織」を再生させることとなります、歯を再生させることは、まだまだ実現できそうにもありません。
当院での再生治療に使われるもっとも有力な手段が「PRGF-Endoret」(「PRGF」)です。血液に含まれる成長因子を多く含む部分を濃縮して、足りない骨やなくなった骨を再生させる治療法です
歯周炎が原因となって骨が溶けてしまったり、虫歯が進行して根の周囲に膿が溜まり骨が大きく減ってしまうことがよく起こります。骨の高さが低くなり幅が細くなると、入れ歯が不安定になりよく噛めません。もしインプラントを植えたくてもそのままでは植えられません。また、歯が抜けて歯槽骨が減ってしまうと「おじいちゃんの顔」「おばあちゃんの顔」の老け顔になってしまいます。こうした症状の治療に再生治療は有効です
「PRGF」を用いて、インプラントを植えると、骨がわずかしかないところでも、インプラントの周りに支えるための骨が早期に安全に再生可能となります
再生治療をとりいれることで、それまで不可能だった治療方法を可能にすることができます。たとえばこれまで、インプラントは土台の骨がある場所にしか埋められなかったため、歯が欲しい場所にインプラントを埋めるのではなく、骨がある場所に埋めるという考え方で治療が行われていました。しかし、再生治療がおこなわれるようになった今では、土台の骨がない場所でも、ここに歯がほしい、と思ったところにインプラントを埋め、PRGFによって周りに骨を作る、というアプローチが可能になったのです

再生治療をおこなうにあたって気をつけていること

再生治療をおこなうには、感染防止に留意しなければなりません。なんらかの病気によって抵抗力が低下している方、特に糖尿病が進行している方の場合は、非常に感染しやすいため、組織の再生が難しくなります。
局所の感染を完全にコントロールしてから、十分に抗生物質を効かせれば手術が可能になります。
また、最近では一部の骨粗しょう症治療薬を飲んでいる方は薬を中断する必要がある場合もあります。